【真駒内滝野のモアイ像】

【真駒内滝野のモアイ像】2020年 7月制作 F8(455×380mm)

モアイ像は南米チリの沖合3800kmにある独特な顔のある石像になります。このモアイ像というのは、バスクア島、通称イースター島に存在している。ちなみに、イースター島はイースター(復活祭)の日に発見されたので、イースターと呼ばれることになった。

札幌にも同じく、何故かモアイ像が並んでいるところがあって、イースター島にあるものと、ほぼ同じ大きさのもの。それは、南区の真駒内にあるもので、滝野霊園の入り口に33体のモアイ像が並ぶ。本物のイースター島のモアイ像は見たことがないので、比較できませんが、少なくとも、ここ滝野では壮観な風景がひろがる。霊園だけれども、広大であって、さわやかさもある。そこにモアイ像が並ぶ。なんだか、不可思議な空間です。

フリーペーパーのイララ18号に掲載された絵と文章になります。

ブログで紹介してます。→こちら参照

お問い合わせ
  コメント、お問い合わせはこちらからお気軽にお願いします。
関連記事
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。