toggle
2020-05-29

金澤英明と栗林すみれの【二重奏】を聴いてみた

札幌市生まれのベーシスト金澤英明と 若手ピアニスト栗林すみれのデュオアルバム。【二重奏】。

録音場所は北海道・蘭越パーム・ホールとのこと。田舎にある小さなコンサートができるところなのだろうか。北海道の緑のなかのしっとりした雰囲気での録音になったような、いい感じで空気のすがすがしい北海道っぽさが音に感じられます。

2017/3/22に発売されたアルバム。

これがなかなか聴きごたえがあった。

私の愛聴盤のチャーリー・ヘイデンとキース・ジャレットのデュオの【ジャスミン】というアルバムとかチャーリー・ヘイデンとパット・メセニーの【ミズーリの空高く】というアルバムを彷彿させるアルバムである。

【ミズーリの空高く】に録音されていたOur Spanish Love Songが4曲目にそれからビル・エヴァンスのエレクトリックピアノをも利用したアルバムの【FROM LEFT TO RIGHT】に収録されていたChildren’s Play Songが5曲目へと続くあたり、なんだか感慨深い。心地よいアルバムだな。

関連記事