NY原油マイナス取引

2020年4月21日の今日のネットニュースを見てびっくりした。

NY原油の先物取引でマイナスでの取引があったとのこと。原油価格は減少傾向でしたが、ついにマイナスの取引になります。

新型コロナウイルスによって世界中自宅待機することで乗り物移動しなくなった影響などによって原油の消費が抑えられて、保管ができなくなったってことらしいです。そんなことあり得るのですね。よほど、世界中で自粛していることがわかります。今回の新型コロナウイルスは地球規模の出来事を起こしつつあるようです。

マイナス取引って原油保管することできないので、お金渡すから持っていってくださいってこと。供給量が過剰になってしまった。そんなことが起こる時代なのですね。まさかの出来事。かつては原油がどんどん高くなるものだと思い込んでいたのでびっくりしました。直接的な影響としては生活としては灯油とガソリンがさらに安くなるということです。油絵の筆洗油は安くなるのかな。それはわかりませんが。そもそも、石油は一度発掘してしまうと温泉のように出続けて止められないものなのでしょうか。 これから消費が抑えられると、どんどん石油が余るのでしょうか。困ったものです。保管するタンクを大量に作るのでしょうか。

いったいこれからどんなことが起こっていくのでしょう。全く予想できません。

by
お問い合わせ
  コメント、お問い合わせはこちらからお気軽にお願いします。
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。