どんな本を読んできたのか

本は小さいころ結構読んだ方だと思うけど、基本的にどうやら小説を読むことが苦手です。

物語が苦手というか。時間がかかるので面倒くさいのかな。

そうそう、漫画もほとんど読まないです。

国語が苦手科目の一つです。読解力が無い方です。

矛盾してますが、それでも、本好きでした。

小学生の時は、どちらかというと、図鑑を眺めるとか。物語じゃないもの見てた感じする。

手品の本とか、UFOとかのオカルト本だったり。昆虫についてとか、天気とかの科学的なことの本。

でも、読み物として読んでただけで、詳しくなったわけでもないんです。

適当に詳しくはなったかもしれないけど。

一般的に本好きな人って小説とか読むのかもしれないけど、

それほど、小説って読んでない感じする。

でも無理して小説読んでいた時期もあった。苦手なりに楽しんでいたような気もする。

最近は小説を読まなくなってしまったけれど、高校生あたりのとき楽しんで読んでいたのは、

例えば、筒井康隆 半村良 安部公房 レイ・ブラッドベリのあたりです。

最近は全く読んでませんけど、なぜだかこれらの作家の小説を好んで読んでいたな。

どちらかというと、SF寄りの話が好きだったみたいね。でもこれらの本読んでいた時期も高校生の時ばかり。

逆に勉強しないで、読書で逃げていた感じもする。

そうそう、太宰治のは結構面白かった印象。太宰治のは小説というより、こっそり日記読んでる気分で読んでた。

油絵の画集ってのは小学生の時から図書館で結構眺めていて、漫画よりもよく見てました(笑)

おかげで漫画に影響されることなく、今の自分の画風があります。

色々画集見ましたが、印象派の時期の絵が好きで眺めてました。

当時からルノワールの描く女の人が美しいなあ。って小学生ながら思ってた。

肌のきれいなこと。女の人の描き方抜群に素晴らしく感じてましたね。

油絵を描き始めた当初は、モネのような筆触分割で描いたりもしていました。いわゆる点描。

うまくいかず、その方法はやめました。試行錯誤の上での今の描き方になってきています。

でも、やっぱり印象派の画風の影響は強いですね。

小さなころに受けた影響がいまだにあります。

印象派から自分への画風になりつつあるところなのかな。

by
お問い合わせ
  コメント、お問い合わせはこちらからお気軽にお願いします。
関連記事
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。