toggle
2019-09-04

初心忘るべからず の意味

心忘るべからず

誰もが聞いたことあるこのことわざの本当の意味知ってますか。

「学び始めたころの謙虚な気持ちをわすれてはならない」

というのが一般的な解釈かと思われます。でも実際の意味はもっと深いようです。

日本の天才芸術家(能楽)である 世阿弥 が「水鏡」で述べた言葉。

世阿弥の言う初心とは芸における未熟さのこと、つまり

芸の未熟さを思い出し、精進しなさい

ということ。若いころの未熟さだけを言うのではなく

是非の初心忘るべからず

時々の初心忘るべからず

老後の初心忘るべからず

と述べられています。

一つ目の初心は若いころの初心。習い始めの初心のこと。それに続いて時々の初心 老後の初心と続いているではありませんか。いろんな初心があるのか。さすが世阿弥です。

なるほどねー。そうかいつも未完成というか未熟というのか初心なのか。老後といっても、50代のことらしいですけど(*‘ω‘ *)

どの段階でも未熟さがあり、それを忘れるな。ということらしいのです。

どの段階にも、どれほど経験を積んでも初心があるということ。

天才世阿弥のことば深いですね。

まあ、いくら経験しても、どの段階でも未熟なことは確かですね。

肝に銘じます。益々精進します

40年前から近所の西岡水源池を描いていました。小学生のころの気持ちも忘れずに、そして、どの段階でも未熟さを忘れずにずっと描いていたいですね。

これは2018年に描いた近所の西岡水源池の絵になります。

関連記事