エンニオ・モリコーネさん追悼。 名画「ニューシネマパラダイス」の音楽の担当でした。

エンニオ・モリコーネさん死亡

2020年7月6日、映画音楽の巨匠のエンニオ・モリコーネさんがローマの病院で死去。

91歳没。6月末に大腿骨骨折の為に入院中だったらしい。追悼の意味をこめて文章を書くことにする。CDの紹介をする。

私は、映画は映画音楽のみしか知らないものが多く、恐らく、モリコーネさんの音楽も沢山聴いてきたと思う。音楽だけ独立して知っているものも多いかとおもっている。

私がCDとして持っているものは、ニューシネマパラダイスのサントラ盤のCDのみである。CD紹介して追悼をしていこうと思います。

【ニューシネマパラダイス】

あんまり、映画を観る習慣はないのだけれど、この「ニューシネマパラダイス」は実際に映画を観たものになります。もちろん有名で感動の名作とされる。実際の劇場版と完全版に関しては、長さも内容も異なるものである。映画館では劇場版のもの。家ではDVDで鑑賞した。「ニューシネマパラダイス」は映画に魅せられたイタリアの少年と、映写技師との心のふれあいを描いた映画。完全版ではもっと長く、どろどろした深い内容が含まれている。一般的には劇場版のもので知られているかと思う。

どちらの「ニューシネマパラダイス」も、いつも流れてくる印象的な音楽は、この、エンニオ・モリコーネの作曲したものである、この音楽があるからこそ、この映画もさらに有名になった感じもある。

結構このサントラは同じメロディをいろんなパターンで編曲してきて、ずっとテーマは一貫していて、世界観が統一される。さすがの音楽かと思う。映画を観なくてもこの音楽だけでも、世界観がわかるものだ。

改めて追悼します。

by
お問い合わせ
  コメント、お問い合わせはこちらからお気軽にお願いします。
関連記事
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。