洋画家 樋口 洋 先生のこと

私の所属している美術団体の示現会の前理事長樋口洋先生がお亡くなりになりました。

樋口洋先生は長い闘病を続けられましたが、症状が急変し、2020年 6 月 11 日にお亡くなりになられたようです。77歳でした。

略歴

1942年 神奈川県に生まれる

1967年 示現会展初入選

楢原健三に師事

1973年 示現会会員

1975年 日展初入選

1997年 日展会員

2004年 日展評議員

2004年 示現会事務責任者

2010年 示現会理事長

2012年 日展内閣総理大臣賞

2018年 示現会顧問

示現会、日展で活躍されています。

お悔やみ申し上げます

函館の冬の風景や小樽の冬景色などが印象あります。私も北海道を描く画家なので、先生の描く場所と全く同じ場所に行ったりしまして密かに確認したりしてました。実物と絵を見ることで構図の勉強にもなっていました。直接樋口先生と会うことになることはなかったのですが、油絵を研究をさせていただいた先生の一人ともいえます。感謝しております。

絵の中にはいつも物語を感じました。影響を受けた画家も多いと思います。お悔やみ申し上げます。最後に樋口洋先生の本も紹介しておきます。画像クリックするとAmazonへとびます。

by
お問い合わせ
  コメント、お問い合わせはこちらからお気軽にお願いします。
関連記事