2020年の示現会北海道作家展中止のお知らせ

2019年の示現会北海道作家展の様子

示現会北海道作家展は基本的には北海道出身または北海道在住の示現会の入選者、示現会の会員、準会員、会友の方々の展示になります。

示現会ってそもそも何なのか。っていうと、、、、

一般社団法人示現会(しげんかい)とは、日本美術家団体

1948年(昭和22年)、洋画団体示現会として設立。

設立後、昭和23年より(第1回)示現会展を開催。以後、東京都美術館にて毎年公募展を開催。平成19年(2007年)より、国立新美術館に示現会展の会場を移している。

外部リンク 一般社団法人示現会

ウィキペディアより


北海道には示現会の支部が現在無いので、示現会の巡回展が北海道に来ません。なので、基本的にはこの会に出品する方々全員で会場費を出し合って、展示する会というのが趣旨になります。正式な支部ではないので、示現会展に出品していない人の作品も展示されるという、すごく緩やかなかんじで展示しています。なので、示現会北海道作家展への展示希望で展示できる可能性があります。具象画で油彩画、アクリル画、水彩画だとベターです。残念ながら、今年は示現会北海道作家展は開催しないのですが…。

ここのところは道新ぎゃらりー(北海道札幌市中央区大通西3丁目6道新ビル北1条館 道新プラザ内)に毎年10月に展示することにしてました。

今年2020年に関しては、新型コロナウイルスによる自粛要請ということで、国立新美術館での示現会展の中止。それから、支部すべての示現会巡回展を中止ということが決定されていました。北海道に関しては支部ではなく、独自の組織なのですが、示現会展に出品したものを巡回展のように出品するというのが、示現会北海道作家展の趣旨なので、北海道示現会作家展も2020年に関しては、中止することに協議の結果なりました。まだ、10月は先の話でしたが、今の段階で決定しました。

今年から、今までの道新プラザ内の1階にある状態での道新ぎゃらりーが閉鎖してしまうということもあって、来年に関しては、どこのギャラリーで示現会北海道作家展を行うべきかも、まだ、決定さえしていません。協議の上会場を決定していく予定です。詳しいこと決定しだい、また、報告いたします。

示現会北海道作家展に展示してみたい方がおりましたら、まずは、お問い合わせください。仲 浩克が示現会北海道作家展の幹事として対応しております。

関連記事

 2020年の示現会展中止のお知らせ

 示現会の北海道での活動

2020年 5月26日 示現会北海道作家展

幹事 仲 浩克

by
お問い合わせ
  コメント、お問い合わせはこちらからお気軽にお願いします。
関連記事
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。