ペンでのスケッチ紹介

2020年4月にある示現会展のために

今年1月5日から、P100の油絵を描いています。(2020年8月1日追記 結局2020年は新型コロナの影響で示現会展は中止になりました。https://hironakaart.com/archives/3223)まあまあ大きいな。

昨年描いてたF100サイズよりも細くした大きさです。昨年よりちょっとだけ小さい。

畳1枚みたいな感じの大きさです。。結構、絵具がすごく減っていきます。

3月の上旬には出品する感じになると思うので、慌てないためにとりあえずは一気に描いてみました。

今日1月9日の時点で、ひととおり描き終えました。

5日間で100号サイズ描いてたんだな。相変わらず結構速い描き方だ。

思ったよりも早く描き切ったので、残り時間はより良い作品にするのに修正の時間にします。

なので、本当の意味では完成とは言わないので、とりあえずまだ公開しません。

ということで、まだ絵を紹介できないので、

昔描いたペンでのスケッチを紹介しておきます。

作品というか、ペンで描く遊びで描いていたものです。

ペンで描くって線の積み重ねだけで描くというのと、色が無いということなので自分としては珍しい絵になります。

色彩無しの絵は自分には難しいですね。

珍しい感じのこんなやつ公開してみます。恥ずかしいですけど。

後ろの絵も少し透けてるみたい。クロッキー帳にペンで描いたものです。

一応これ外人の女性です。人物もペンで描くのも難しいですね。

最近はペンで描かなくなったけど、また、少しやってみるか。

お問い合わせ
  コメント、お問い合わせはこちらからお気軽にお願いします。
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

関連記事
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。