聴き方が変わったけど、相変わらず音楽鑑賞が趣味です

音楽の聴きかたというのは、変わったけれども、相変わらず音楽を聴く趣味はかわっていない。とにかく、BGM的にもずっと聴いている感じ。

主にジャズが好きなので、35年前はラジオのFM番組からのエアチェック。それから、30年前くらいから今は無きジャズ雑誌の「スイングジャーナル」を購読して、CDアルバム評を読みつくして、それを参考にしてCDを購入し、音楽を確認していた。あとは、気に入ったジャケット買い。そのころは、少し、賭け事のような面白さはあった。なので、あまり、好みでないCDも買うこともあったし、何度も同じCDを購入してしまうといった事態になることもあった。という感じで恐らく1000枚の以上のCDを購入したと思う。

現在はというと、すっかりストリーミングのものを聴くことになっている。CDのみの音源のものはまだ存在するので、それは、そのものを聴くしかないけれども、ストリーミングに音源があるのなら、もっぱらストリーミングを愛用するようになった。CDの所有が1000枚超えてくると、なかなか、聴きたいCDを取り出せなく、ストリーミング検索をした方がはやく音源にたどり着けるのです。ちなみに現在は、音質的にも曲数にも満足したので、とりあえず、amazon music HDを利用してる。

ストリーミングは聴いていると勝手に好みの音楽の系統のオススメが出てきてくれて、そこから、さらに色々と聴いて、音楽を広く知ることができる。いまや、CDショップも行かなくなったし、ジャズ喫茶通うことなく、自宅で沢山の音源を聴けるようになって、音楽好きとしては嬉しいかぎりです。

また、絶対購入することのなかったような、ジャズ以外の音源のものに関しても、検索して知ることも出来るうえ、それをある程度満足できる音質で聴ける。それにも新たな発見があるので楽しいものです。

たまにCDをかけると、やっぱり単品のCDプレーヤーからの音質は良いなあと思いますけど。

お問い合わせ
  コメント、お問い合わせはこちらからお気軽にお願いします。
関連記事
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。